腰痛とお酒との関係

皆さんこんにちは。

 

今日はコロナのことを忘れてしまうような清々しいお天気でしたね

東京は今夜、自粛解除されるかどうかの発表があります。

 

もし自粛解除されても一度発生したウィルスはゼロになることはありません。

ですので、解除されても密集した場所はもちろんマスクや手洗いうがいはしっかりと継続して行っていきましょう。

 

当院も解除後も徹底して院内の消毒や換気を行って行きますの安心して来院ください。

 

本日は、腰痛とお酒についてお話ししていこうと思います。

 

 

 

腰痛の根本的原因で一番多い部位がお尻と肩甲骨と大腰筋という筋肉が上げられます。

 

しかし、中にはこの部位を施術しても良くならない方がいます。

 

その時考えられるのが肝臓です。

 

肝臓含め内臓にも筋膜という膜が張っています。

お酒を飲んだ次の日や毎日お酒を飲む方などはこの肝臓の筋膜が硬くなってしまう方が多数おられます。

 

肝臓が硬くなることで腰痛を引き起こすのです。

 

なんだか信じられませんよね。でも、当院に通われる患者様にも結構おられます。

 

腰痛が酷い方でお酒をよく飲まれる方は1週間くらい禁酒をしてみてください。

それだけであれだけ痛かった腰痛が治ってしまうことも多々あります。

 

禁酒する際は特に行って欲しいことがあります。

それは、お水を意識して飲むことです。

 

お茶やコーヒーではなく純粋なお水です。

 

お水を飲むことで内臓や筋肉に潤いを与え、血管の流れも良くする効果があります。

これに関しては禁酒するしない関係なく皆様お水を飲むことをおすすめ致します。

 

枯れそうな植物にお水を与えると驚くほど元気になったりしますよね。

人間も同じです。我々も自然の産物ですので植物と同じように効果が出ます。

 

このブログを読み終わったら早速コップ一杯のお水を飲みましょう!!

 

今日も最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

また明日お会いしましょう!

 

当院の予約をご希望の方は、スマホの場合はスクロールすると下にphoneが出てきますのでそちらをクリックすると当院へ繋がります。

 

まずはお気楽お電話ください。お待ちしております。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

Copyright © 成城津田整体院 All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon