腰痛とお尻の痛み・痺れは関係がある!多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAI

 みなさんこんにちは整体院KARADAMIRAI 院長の竹本大悟です。

 

本日も腰痛で悩んでいる方に有益な情報を

提供していきたいと思います。

 

本日はお尻の痛みと腰痛の関係性についてお話ししていきたいと思います。

 

腰痛をお持ちでお尻の痛みがある方は、ただの腰痛でない可能性もあります。

 

お尻の痛みと痺れの危険性と原因をおはなししていきます。

腰痛をお持ちでなおかつお尻の痛みと痺れは一度整形外科で診察していただくことをお勧めいたします

 

 

 

例えば、脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアなどの骨に異常をきたしている疾患はお尻や足に痺れや痛み、症状がひどい方では灼熱感などを感じ、非常に辛いと思います。

 

当院でも脊柱管狭窄症をお持ちの方は非常に多くお尻の痛みやしびれを訴える方が多くいます。

 

症状を放っておくと少しづつ酷くなり、数メートルしか歩けないなど日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

 

ですが、まだ諦めるのは少し早いかもしれません。

 

 

お尻の痛みと痺れは骨の異常以外にも出るケースがあります。

 

それは、お尻やふとももの周りの筋肉の硬さから出てしまうケースです。

 

お尻の痛みと痺れの原因となる”坐骨神経”は様々な筋肉の間を通っていますので

 

筋肉が硬くなると神経が締め付けられて痛みと痺れが出てきます。

 

お尻やふとももの筋肉と言えど、複数の筋肉がありますので

 

どの筋肉が硬くなり、悪さをしているのか確かめながら

 

その筋肉を柔らかくするように治療をすればその場で改善します。

 

 

他にも、肩甲骨が硬くなっているせいでお尻の筋肉が張ってしまっている方もいます。

 

肩甲骨は身体の土台の一つであり、姿勢を保つ上え重要な役割を担っています。

 

その肩甲骨が硬くなると、猫背など姿勢がが崩れてお尻の筋肉が引っ張られるように筋肉が硬くなりますので、

お尻の痛みや痺れがが出ている側と反対の肩甲骨の硬さを取り除くことでお尻の症状を改善できます。

 

なお、猫背で腰痛になっている方も多いので猫背の方は要注意です。

 

 

 

また純粋にお尻の硬さから腰痛が出ている方もたくさんいますので、お尻を柔らかくして腰痛も改善し痺れや痛みを再発しないように努めることも大事です!

 

 

当院では、脊柱管狭窄症やヘルニアの症状改善例も数多くございますので、整形外科の先生に手術と言われて諦めている方や自分の症状がはっきりわからないという方は、ぜひ一度当院にきて治療を受けてください!

 

 

お気軽にお電話ください。

 

 

 

  ⬆︎腰痛専門整体院KARADAMIRAIへ電話⬆︎(長押し)

⬆︎整体院KARADAMIRAのホームページ⬆︎クリック⬆︎ 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索