腰痛と背中の痛みは関係あるの?多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI

 みなさんこんにちは多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI 院長の竹本大悟です。

 

本日も腰痛で悩んでいる方に有益な情報を

提供していきたいと思います。

 

当院で治療を受けていただいている患者様から腰痛が出てから背中の痛みも出るようになったのだけれど関係はあ理ますか?

とご質問を受けたのでわかりやすくご説明していきます。

 

腰痛と背中の痛みは関係あるの?

 

 

 

ズバリ・・・

 

 

あります。

 

関係があると言っても背中の痛みは筋肉だけの痛みとは言い切れない部分もありますので、筋肉以外からも痛みがきている可能性についてもお話ししていきます。

 

 

まず、腰痛と並行して背中の痛みがある方はどうしてなのかについてお話ししていきます。

 

 

背中の痛みの原因

 

 

 

背中と腰の筋肉は”バックライン”と言って身体の後ろ側を走る筋肉同士連結しているからです。

特に背中と腰の間のあたりは筋肉が一番硬くなりやすい場所です。

 

ここが硬くなると次第に背中の上に向かって筋肉が硬くなっていきます。

 

また、ふくらはぎもバックラインの筋肉ですので、ふくらはぎの硬さが原因で腰痛をお持ちの方は背中の痛みが出てきてしまうことも多々あると思います。

 

 

 

 

背中と腰には”胸腰筋膜(きょうようきんまく)というものがあります。この胸腰筋膜は腰と背中をあらゆる力から守るためのガチガチに硬くなっている膜だと思ってください。

 

 

 

例えば、腰をひねったり、曲げたり、反ったり、背中と腰は色々な方向に動きますよね。

 

自分の重い上半身と重い下半身を動かした時、背筋だけでは衝撃に耐えきれない場合がありますので

わかりやすく言えば”胸腰筋膜”が筋肉を保護して筋肉がちぎれたり衝撃に耐えられなくなって傷つくのを防いでいるのです。

 

ここは筋肉よりも硬い組織で常にストレスが加わっているので腰と背中の筋肉を硬くさせてしまいます。

 

それにより腰痛と背中の痛みを同時に出してしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

内臓由来の痛みがあります。内臓からの腰痛をお持ちの方は特に考えられます。

背中というのは臓器に一番近いところでもあります。

 

 

背中に通っている神経は内臓にも通っていますので、病気で内臓の調子が悪い時、疲れで内臓の働きが弱い時、内臓が硬く重くなっている時、などに内臓は脳に危険信号を出します。

 

その危険信号を脳が察知した時に、内臓だけでなく背中にも痛みとして伝わってくることがあります。

病気によるものなのか、内臓の疲れによるものなのか判断して治療しなければいけません。

 

 

 

このように代表的なものを3つご紹介させていただきましたが、背中の痛みと腰痛みは関係していることがわかります。

 

自分の背中の痛みが何からきているのかをしっかりと把握して治療しなければなりません。

 

 

当院では、身体の痛みの原因部位を特定してから治療を開始いたしますので

 

自分の身体の痛みがどこからきているのか気になる方は検査だけでも受けにきてください!

 

 

 

  ⬆︎多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAIへ電話⬆︎(長押し)

⬆︎整体院KARADAMIRAのホームページ⬆︎クリック⬆︎ 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索