腰痛で骨に異常はないと言われたら・・・多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI

 みなさんこんにちは多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI 院長の竹本大悟です。

 

本日も腰痛で悩んでいる方に有益な情報を

提供していきたいと思います。

 

本日は腰痛をお持ちの方で、整形外科に行きお医者さんから『骨に異常はない』と言われた方の腰痛の解説をしていきたいと思います。

 

整形外科に行って『骨に異常はない』と言われたが、なかなか腰痛が治らず困っている方はたくさんいると思います。

 

 

 

当院の患者様でもこのような方はたくさんいらっしゃいますし、骨に異常がないから痛み止めのお薬を処方されて帰ってきたという方もたくさんいます。

 

 

 

ですがみなさん一番心配していらっしゃることは、骨に異常がないからしっかり治療しなくていいのか?ということだと思います。

 

 

痛み止めのお薬だけ処方されたり、電気をかけるだけで終わってまう方が大勢いると思います。 

 

 

ですが骨に異常がない腰痛だからこそしっかりと治療をするべきだと思います。

 

しっかりと治療をした分だけ治りも早くなるのは確実です。

 

そもそも、骨に異常がない腰痛というのはどのような状態か?

 

それは、

①腰椎椎間板ヘルニア

②脊柱管狭窄症

③腰椎分離症

④腰椎すべり症

⑤腰椎圧迫骨折  など

 

がなく、筋肉に問題があって腰痛が出ていますということなのです。

 

ですが骨に異常がないからそのままにしていても問題はないんじゃないかと思う方もいると思いますが

 

実は骨に異常がない今の状態というのは、これから重傷になってしまう方の予備軍なのです。

 

 

 

通常、人の身体はあらゆるストレスや疲れを吸収しようとして筋肉がクッションがわりになります。

 

そして、筋肉が耐えきれなくなるまで放っておくと次は姿勢が歪んできます。

 

普段のお仕事やスポーツ、日常生活において、今までは筋肉が頑張って働いてくれたおかげで正常な動きがとれてきましたが、少しずつ今までのように正常な体の使い方ができなくなり、姿勢の歪みが出てきます。

 

 

腰にものすごい負担をかけるような姿勢を取らないと動けなくなり、関節が痛んできて最終的には関節の痛みから腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、などを引き起こしてしまいます。

 

 

骨に異常がないというのは筋肉が問題を引き起こしていると書きましたが、重要なのは身体のどこの筋肉が原因で腰痛が出てしまっているかです。

 

首の筋肉から腰痛が出ている方もいれば足の筋肉から腰痛が出てしまっている方もいます。

 

その方の職業や日常生活で変わってきますので、自分の腰痛はどこの筋肉が原因か気になる方は

 

是非当院で検査を受けてみてください。

 

 

  ⬆︎多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAIへ電話⬆︎(長押し)

⬆︎整体院KARADAMIRAのホームページ⬆︎クリック⬆︎ 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索