産後の腰痛について、なんで起きる?多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAI

 みなさんこんにちは多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI 院長の竹本大悟です。

 

本日も腰痛で悩んでいる方に有益な情報を

提供していきたいと思います。

 

本日は産後の腰痛についてお話ししていきたいと思います。

 

お産を経験したママさん達の悩みとして産後の腰痛がありますよね。

 

 

腰痛といっても骨盤の尾骨(尾てい骨)ところが痛かったり、恥骨周りが痛かったりと主に骨盤周りの痛みがあり人それぞれの痛みだと思います。

 

どうして産後に腰痛が出て来るのか、産後の腰痛が出た時の対処方法をお伝えしていきます。

 

原因

 

① 骨盤を支えている靭帯が緩むから

 

②お尻の筋肉、お腹の筋肉の筋力低下

 

③ 育児により腰に負担がかかっている

 

④子宮等の臓器の歪み・疲れによる硬さ

 

①まず骨盤を支えている靭帯の緩みが原因としてあります。

妊娠をすると骨盤を支えている靭帯を広げて胎児の大きさに合わせて骨盤が大きくなるように、出産の時に分娩がスムーズに行われるように『リラキシン』というホルモンが分泌されて骨盤が広がります。

 

出産を終えた後もすぐに骨盤や子宮の大きさが元に戻るわけではないのでこの骨盤の歪みによって体の荷重がうまく分散されずに骨盤に負担がかかり、腰痛として現れてきます。

 

また出産の時は恥骨結合が通常よりも開きますので恥骨周囲の痛みが残ってしまう方もいます。

恥骨も左右の骨盤をつなぎとめている大事な場所なので負担は大きいです。

 

②妊娠中にお腹が大きくなって来ると動く機会も減ってきてお尻やお腹の筋肉が通常よりも落ちる傾向にあります。

腹筋などはコルセットの役割もありますので腹筋群の筋肉が弱くなると腰に負担がかかります。

 

③育児の負担は計り知れません。腱鞘炎になってしまうママさんなどもいますので旦那様に支えてもらいながら息を抜く時間も作りましょう。

 

④出産を終えたばかりの子宮は肥大している状態です。子宮も筋肉ですので、今まで赤ちゃんがいた負担や女性ホルモンの関係で子宮の疲れが出たり負担がかかりやすくなります。

 

 

対処方法

 

①ゴムなどの骨盤ベルトを着用することをお勧めいたします。骨盤を締めるように着用してください。

 

 

 

②お尻の筋肉をつけるために、横向きに寝っ転がり上の足をそのまま上に上げる運動をしましょう。

 このエクササイズはお尻の筋肉を鍛えられますのでお尻の筋肉を引き締めることもできます。

 

 

③赤ちゃんといえども大きくなるとかなり重くなります。3〜5キロのダンベルを担いで生活しているようなものですのでしっかり休憩を入れないと大変ですよね。

 

 

④骨盤の調整や子宮の調整は整体院や接骨院にお腹せしましょう!産後の骨盤は柔らかく自分で無理にやってしまうと危ないので、得意としている先生にやっていただきましょう!

 

 

当院でも産後のの腰痛や骨盤矯正をやっておりますのでお気軽にお電話ください。

 

 

 

 

 

  ⬆︎多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAIへ電話⬆︎(長押し)

⬆︎整体院KARADAMIRAのホームページ⬆︎クリック⬆︎ 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索