腰痛で首の痛みが出てる原因は?どうすればいいの?多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAI

 みなさんこんにちは多摩市で唯一の慢性腰痛専門整体院KARADAMIRAI 院長の竹本大悟です。

 

本日も腰痛で悩んでいる方に有益な情報を

提供していきたいと思います。

 

本日は腰痛と首の痛みの関係についてお話ししていきたいと思います。

 

腰痛をお持ちの方で首の痛みをお持ちの方がいると思います。

 

実はあなたの腰痛と首の痛みは関連している可能性が高いです。

 

腰痛自体も日本人の約4人に1人が持っていると言われていますし、首の痛みに関しても変形性頚椎症といって頚椎の関節が変形してしまう病気も40代を過ぎてくると少しずつ頚椎の変形が始まってきてしまうとも言われています。

 

実は腰痛と首の痛み、変形性頚椎症は体の姿勢や筋肉の硬くなる”ライン”がとても深く関わってきます。

 

 

例えば猫背の方は首が前に出てきます。

 

 

これは首が前に出ることでバランスを取ろうとして背中が後ろに出るように丸くなるのです。

 

そしてお腹の筋肉は縮こまり腰痛の原因となります。首は前に出て来ることで骨の配列が崩れて負担がかかり変形性頚椎症に繋がったり、首痛になります。

 

このように体は繋がっていますので腰痛と首の痛みには関係がある方が多いです。

 

 

 

 

 

まず腰痛が出ている方の一番多い原因として”大腰筋(だいようきん)”が硬くなっている方がものすごい多いです。

お腹の筋肉が縮こまっている方は腰痛の原因として一番多いです。(図を参照)↓

 この筋肉は内臓の後ろを通っている体の深い筋肉でとても大事な筋肉です。

 

 

 

 

そしてこの”大腰筋(だいようきん)”は首の筋肉とも繋がっているのです。(図を参照)↓

 

 

 

 

腰痛が出ている方、または首の痛みが出ている方はこのどちらかの筋肉が硬くなって それに影響されて片方の筋肉も硬くなってきます。

 

これによって腰痛をお持ちの方は首が痛くなってきたり肩が凝ってきたり、また首が痛い方でも次第に腰痛が出てきてしまうようになってきます。

 

 

対処方法

この2つの筋肉をやわらかくするのはとても簡単です。

 

”大腰筋(だいようきん)”お腹の筋肉を柔らかくしてあげれば首の筋肉も柔らかくなり腰痛と首の痛みを同時に解消することができます。

 

まず仰向けになっていただきます。

両方の膝を曲げていただいた股関節が軽く曲がった姿勢を取っていただきます。

 

次に自分のおへそを探していただきます。

 

おへそから自分の指5本分外側のポイントを指4本で背中方向に(お腹を潰すように)ゆっくり押していただきます。

 

下まで押せたら次はそのまま、お腹の中心方向に向かって手を入れるようにお腹を押してください。

しっかりとお腹を押せたらその部分をマッサージしてください。

 

右と左どちらもやっていただきますので自分のやりやすい方から順番にやってみてください。

 

 

このようにお腹の筋肉を柔らかくするだけで体の中心の筋肉が緩んでくれるので、首の痛みが楽になったり腰痛が改善されたり、人によっては股関節の周りの痛みも改善いたします。

 

(この画像ちょっと・・・)

 

 

体は頭から足まで繋がっていますので、姿勢や重心の違いなので体を痛めやすい場所なども人それぞれ違います。

 

痛い場所が悪かったという考え方よりも、姿勢や普段の体の使い方や癖が悪くて筋肉のつながりを介して痛みが出てしまったと考える方が良いと思います。

 

ですので、普段の姿勢などを改善する方が、体にとっては一番いい解決と言えます。

 

 

整体院KARADAMIRAIでは痛い場所だけではなくそこに関連する箇所の治療や姿勢、骨盤の治療も一緒に行って行きます!

 

慢性腰痛で悩まれている方、首の痛みが辛い方はぜひ当院に一度お越しください

 

  ⬆︎多摩市で唯一の腰痛専門整体院KARADAMIRAIへ電話⬆︎(長押し)

⬆︎整体院KARADAMIRAのホームページ⬆︎クリック⬆︎ 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索